院長挨拶summary


  院長  橘 寛彦


歯科医師免許
日本口腔外科学会専門医
日本がん治療認
定医機構がん治療認定医

日本口腔外科学会指導医

     『やさしい高度歯科医療』を目指して


結城歯科医院は結城和生院長のもと、昭和52年に誕生し地域医療のひとつとして発展し、平成30年10月には新たなスタートを迎えました。これまでも口腔の良い環境作りを目指して地域の皆様には大変お世話になりました。改めて御礼申し上げます。なお、今後も結城先生を中心とした診療方針は継続して行います。結城先生御自身もこれまでと変わらず診療に従事しますので、ご安心ください。

ここで、簡単に私の自己紹介をさせていただきます。平成13年に結城先生と同じ岩手医科大学歯学部を卒業し、東京医科大学の口腔外科に入局し、様々な研修を経て、その後縁あって平成18年に山形大学歯科口腔外科へ入局させていただきました。結果、卒業後17年間の歯科医師人生すべてを大学病院で過ごして参りました。昨今の医療情勢は日本社会の高齢化を受け厳しい環境になっております。高齢化社会に対応する医療システムとして、これまでも急性期病院との機能分化、病診連携、在宅医療の充実などが進められて参りました。このような医療情勢においては、これまで以上に病診連携が重要となります。病診とは、病院と診療所のことで、その連携とは、高度な医療施設や専門技術を持った病院と、患者さんの身近な『かかりつけ医』である診療所・クリニックが、それぞれの特性を生かし、お互いを理解し合いながら、機能・役割を分担し、情報を共有して、患者さん本位の一貫した医療を提供するシステムのことです。私はこれまでの経験を生かしこのような病診連携を強化していくことをお約束します。結果として結城歯科医院は今後も質が高く、やさしい高度歯科医療が提供できるように努力いたします。また、資源を有効活用して職員の幸せが患者さんや地域の幸せにつながるという信念のもと、今後も病院全体の把握に努め、意思疎通をはかり、迅速な意思決定を行い、職員がやりがいを持って働くことが出来る環境を整え、良き医療人を育成して地域社会の一員として一歩ずつ前進してゆきたいと考えております。


お口の中の健康は予防/メンテナンスから

山形市にある結城歯科医院です。

当医院では、生涯自分の健康な歯で過ごせるように、スタッフ全員で予防に取り組んいます。
メンテナンスという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
むし歯や歯周病は予防することができます。

メンテナンスではひとりひとりのリスクに合わせたセルフケア(ホームケア)を提案して、同時にプロフェッショナルケアを行いお口の中の健康の維持・増進をお手伝いします。
まずは治療の流れをご覧ください。
痛いところだけの治療ではなく、歯を健康に保つための治療を行います。

オススメ情報@

「はははトーク」むし歯と歯周病がまるわかり!?
NPO法人むし歯・歯周病予防を要求する会のホームページでは「はははトーク」と題して、日常の中にあるお口の疑問や覚えておきたいお口の中の情報が満載です。
楽しく歯について理解を深められるので是非ご覧ください♪

オススメ情報A





歯科衛生士が主体となって行っているGoodbye Perioプロジェクトに参加しています。
現在日本の成人の約80%の人が歯周病にかかっていると言われています。
歯周病は年を重ねると誰もがかかってしまう病気なのでしょうか?
いえいえ、そんなことはありません。年齢が歯周病にさせるのではありません。こどもだって歯周病になるんですよ。

このプロジェクトではデンタルフロスをみなさんに知っていただき、毎日使ってもらうことにより、歯周病の予防・改善をしよう!という取り組みです。初期の歯周病の状態(歯肉炎)であればデンタルフロスなどを使ったかんたんなケアで改善します。

さぁ、みんなでフロスにチャレンジ!




Copyright(C) 結城歯科医院All Rights Reserved.